MENU
OnlyFans公式サイトはこちら ログイン(無料登録)

【比較】ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】

本記事は2021年11月18日に更新されました。

「ファンクラブを始めようと考えている」
「YoutubeやSNSには投稿できない限定コンテンツを配信していきたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

はじめまして。
わたしはインフルエンサー向けに「OF日本クリエイターズ」を運営している、代表の藤将臣と申します。

海外フォロワーを中心に、海外のファンサイトを利用して、ついに今年8月にTOP5.5%クリエイターになることができました。

ファンクラブの良いところは、広告収入と違い “単発案件に依存しない” ということ。
インフルエンサーやYoutuber、クリエイターなどの新しい収入源になり、サブスクリプションを導入することで活動を安定させることができます。

また、何といっても、ファンクラブはアンチZEROのファンコミュニティ。
クリエイターとファンを繋ぐコミュニケーション空間になっていて、今ファンクラブの市場は国内だけでなくハリウッド女優も参入するくらい注目をあびています。

そんなファンクラブには、2種類のジャンルに分かれていることをご存じでしょうか?

2種類のプラットフォーム
  1. 非アダルト型ファンサイト
  2. アダルト対応ファンサイト

この記事では、海外と国内サイトの中から、6つのプラットフォームをご紹介します。
登録者数1億3000万人のファンサイトを利用したTOP5.5%クリエイターならではの視点で、知らないあいだに損してた!なんて事態がないように解説していきます。

ファンクラブ初心者が読むべき記事です。

目次

ファンクラブとは

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】

ファンクラブとはクリエイターとファンを繋ぐファンコミュニティサイトです。
最近では、ファンクラブでお金を稼ぐ人が増えてきました。

まず基本知識
  • クリエイターは限定コンテンツを投稿する代わりに、サブスクでお金を稼ぐ。
  • ファンは毎月のサブスクを支払うことで、ここだけの投稿を閲覧できる。

インフルエンサーがデジタル版写真集としてファンサイトを開設したりと。
実は、今ファンクラブビジネスは現役AV女優やYoutuberなどの間では新しいビジネス(収入源)として、注目されています。

「Youtube、Instagram、Pornhub、Twitterで集客してファンクラブで課金させる」という収益化フローがクリエイターの中で主流になってきました。

ただ、問題なのが「アダルト規制」です。

大手ファンクラブサイト「Fantia」や「Booth」でも、投稿コンテンツの取り締まりは年々と厳しくなっており、突如アカウントが凍結(BAN)されるといった事例がつぎつぎと報告されています。

アダルト規制による影響

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】

ファンクラブプラットフォームがアダルト規制される原因に「児童ポルノ・リベンジポルノ」が挙げられます。ただ、コンプライアンスだけが原因というわけではありません。

2021年、海外サイト「PornHub」は投稿内に、リベンジポルノや違法アップロード動画、児童ポルノなど違法なコンテンツがあると認定されて、クレジットカード決済の利用ができなくなりました。

1番は、決済サービス会社による規制です。「MasterCard・Stirpe・Paypal」ではアダルトへの決済システム導入を禁止しており、アダルト業界の肩身はせまいのが現状です。

詳しい内容は>>「アダルト動画世界最大手「Pornhub」への決済をMastecardとVisaが停止」をご覧ください。

そこで今回、規制の影響がある中で、
今最も成功への近道ともいえる6つのファンクラブ型プラットフォームを紹介します。

ファンクラブサイト【おすすめ6選】

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】

ファンサイトの中にも、
2種類のプラットフォームがあります。

2種類に分かれる
  • 非アダルト型ファンサイト
  • アダルト対応ファンサイト


成人向けコンテンツにも対応しているか、それともNGかに分けられます。

実は、この2つには決定的に大きな違いがあり、それは手数料です。
アダルト対応のファンサイトの手数料は売上げの20%〜35%と若干高めです。

アダルトクリエイターではないのに、アダルト対応ファンサイトを利用している人は、手数料で損することになるので、注意しましょう。

OnlyFans(オンリーファンズ)【海外】

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】
ファンサイト名OnlyFans (オンリーファンズ)
設立2017年
運営Tim Stokely(ロンドン、イギリス)
手数料20%
成人向けアダルトok
映像送信型風営法届け未提出

OnlyFans(オンリーファンズ)は海外の最大手ファンクラブサイトです。世界登録者数1億3000万人超えと、サブスクリプション型ファンサイトの先駆者ともいえるプラットフォームです。

海外フォロワーを抱える日本人インフルエンサーも多く利用しており、その人気ぶりは世界的歌手からハリウッド女優まで参入するくらいです。

アダルトコンテンツも承認されています。ただし、露骨なコンテンツ(スカトロ・近親相姦など)といった欧米圏ではタブーとされているコンテンツは禁止されているので、注意が必要です。

FanCentro(ファンセントロ)【海外】

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】
ファンサイト名FanCentro(ファンセントロ)
設立2017年
本社拠点エリアAlan Hall(アメリカ)
手数料25%
成人向けアダルトok
映像送信型風営法届け未提出

FanCentro(ファンセントロ)はアダルトクリエイターを全面的なサポートしているアダルト専門プラットフォームです。

アダルト系インフルエンサーによるオンラインビジネススクール「Centro University」の設立など、クリエイターが無料で稼ぎ方を学ぶことができるプログラムが用意されています。

人気AV女優椎木くるみが在籍するAVプロダクション「ALLPRO」も本格導入しており、日本人ユーザーも増加しつつあります。

ただし、日本語翻訳の文字崩れが目立ったりと、最低限の英語を理解できる人におすすめです。

Fantia【国内】

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】
ファンサイト名Fantia(ファンティア)
設立1996年
運営株式会社虎の穴
手数料10%
成人み向け弱アダルトok
映像送信型風営法届けなし

Fantia(ファンティア)は国内最大手のサービスです。日本人クリエイターに利用されるサービスの中では最も歴史のあるプラットフォームです。

ですが、最近は露骨なアダルトに対してかなり厳しくなっています。それも、通知なしにアカウント凍結(BAN)される事例が報告されています。

それだけでなく、成人向けコンテンツ必須の映像送信型風営法届けも未提出なので、個人的に警察署に届出を出す必要があります。

逮捕されてからでは手遅れなので、気をつけましょう。

Fanbox【国内】

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】
ファンサイト名Fanbox
設立2005年
運営ピクシブ株式会社
手数料10%
成人向けアダルトNG
映像送信型風営法届けなし

Fanbox(ファンボックス)はイラスト系クリエイターに人気のプラットフォームです。それも、漫画やイラストクリエイター向けのファンサイトでしょうか。

2020年頃からアダルトクリエイターを一斉排除している、boothと同じ運営会社です。いずれも健全化をうたっており、Fantiaと同様に露骨なアダルトコンテンツには厳しくなると予想します。

コスプレイヤーの方もアカウント凍結されたりと、水着やグラビアを配信するインフルエンサーにとっては、正直オススメはできません。

CandFans【国内】

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】
ファンサイト名CandFans(キャンドファンズ)
設立2018年
運営株式会社Adolescence 
手数料20%
成人向けアダルトok
映像送信型風営法届け提出済

CandFans(キャンドファンズ)は国内新興の支援型プラットフォームです。操作もしやすく、国内サイトの中では最も伸びているファンサイトです。

AV業界やグラビア業界の参入がもっとも多く、プロダクション自体が利用しているイメージです。

顧客サポートもかなり手厚く、英語にも対応しています。ただし、海外フォロワーからは決済方法が少ないと悲しみの声もあるようです。

アシストJAPAN【国内】

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】
ファンサイト名アシストJAPAN
運営Cyber Funs Assist
手数料最低1.5万~/月
成人向けアダルトNG
※2022年より導入予定
映像送信型風営法届けなし

アシストJAPANは国内新興のファンサイトです。
OnlyFansTOP 5.5%クリエイターが経営に入っている、安全の定額制ファンクラブサイトです。

グループでのファンクラブ開設にも対応。
手数料もたった月1.5万〜と、業界最高水準の報酬率。従来にはない「広告案件ok」とかなり自由度の高いのが特徴です。

アダルトを取り扱わない、グラビアやコスプレ、ASMRなど他のコンテンツを配信する人にはかなりおすすめです。

どのファンサイトを選ぶべきなのか?

【アダルトOK】ファンサイト
  1. OnlyFans
  2. CandFans
  3. FanCentro
  4. Fantia
【アダルトNG】ファンサイト
  1. アシストJAPAN
  2. Fanbox

なんとなく特徴は分かってきたけど、結局どのプラットフォームを使えば良いのでしょうか?以下にまとめたので参考にしてください。

人気ファンクラブサイト【アダルトOK】

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】

1位:OnlyFans

アダルトクリエイターが始めるなら、やはりOnlyFans(オンリーファンズ)でしょうか。
実は、わたしがTOPに輝いたのがOnlyFansです。

圧倒的ユーザー数を誇るグローバルサイトを選びました。あくまでも、海外サイトなので登録やアカウント認証にすこし手間はかかるかと思います。それでも、海外サイトということもあり、無修正コンテンツOK。本格的に始める人におすすめです。

詳しい内容は>>「次世代ファンクラブ『OnlyFansとは』」をご覧ください

メモ

日本人クリエイターが無修正コンテンツをアップロードする事の法解釈についてはここでは議論しません。

2位:CandFan

日本国内でアダルト配信するなら、最新の支援型プラットフォーム「CandFans」です。

なによりも、国内サイトなので操作性は良く、言語の壁もないのでストレスフリー。映像送信型風営法の届けも出しているので、クリエイターにとっても負担は軽いのおすすめです。

詳しい内容は
>>「キャンドファンズ(CandFans)とは【国産サブスク型SNS】」をご覧ください。

3位:FanCentro

アダルトクリエイターとしてさらにグローバル化するのに必要不可欠のプラットフォームです。

海外のファンクラブの中でもアダルト専門で、現役アダルトクリエイターによる「Centro大学」でノウハウや無料サポートを受けれます。

詳しい内容は>>「FanCentroとは【移行サポート付き】」をご覧ください。

4位:fantia

1年前であれば、Fantiaが1位でした。

しかし、他の新しいプラットフォームのリリースと同時に、規制がかなり厳しくなりました。運営側のさじ加減で凍結されるので、あまりおすすめできません。

それに、映像送信型風営法を提出していない。アダルトをやる場合は自分で届出を出す必要があります。このハードルが非常に高いため、新規クリエイターの参入は正直不安しかありません。

個人的な意見ですが、fantiaの手数料はアップすると予想できます。非アダルトとアダルトクリエイターが混在されていて、最悪は「露骨なアダルト」の規制が入るのではないかなと。

アダルトであればOnlyFansやCandFansを使うべきです。

人気ファンクラブサイト【アダルトNG】

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】

1位:アシストJAPAN

アダルトを扱わず、グラビアやコスプレ、オンラインサロン、ASMR、フィットネス、アーティストなどその他のコンテンツを配信するなら「アシストJAPAN」に決まりです。

最大の特徴は、業界初の定額制ファンサイト。他のサイトでは月30万円稼ぐとすると年間72万引かれるのに対して、アシストJAPANは年間最安18万〜とコスパ最強です。

詳しい内容は?>>「【業界報酬率No.1】ファンサイトを始めるならアシストJAPAN」をご覧ください。

2位:Fanbox

アーティストや漫画家、イラストレイターに特化したクリエイターこそ「Fanbox」です。

リリース直後は、コスプレイヤーやグラビア系クリエイターの間で注目をあびたプラットフォームですが、現在は健全なファンクラブサイトを宣言、オンラインサロンや未公開特集などの投稿ジャンルにおすすめです。

アダルトクリエイターは映像送信型性風俗特殊営業届けをだす必要があるのか?

ファンクラブサイトはどれを使うべき?【海外・国内サイト6選】

海外サイトの映像送信型性風俗特殊営業について

海外サイトだとサイト側は、取る必要がないから配信する場所で許可を個人で取らないと性器見せてなくてもそれで捕まる場合あるね!実際にそれでもってかれてる業者もある

賛否ありますが、、結論からいうと必要です。
海外サイトの場合、日本の警察の介入が難しく、届出を出していない方もいるかと。ただ知らなかったでは済まされないので、注意しましょう。

また、無修正を日本からアップロードしていると、こんな事態になりかねないので注意しましょう。

過去の逮捕実例

国内サイトの映像送信型性風俗特殊営業について

一応、アドバイスなのです。
画像や映像をアップするパソコン端末がある所轄の警察署にいって「映像送信型性風俗特殊営業」の届け出を出さないと違法です。以前Fantiaに確認とったら「自己責任」との返答が返ってきたです(*´ω`)

国内サイトの場合も、結論からいうと必要です。
近年では国内プラットフォームはプレイヤーに届け出を義務付けるケースが増えてきています。

がしかし、クリエイターが風営法を出すのはハードルが非常に高いです。
国内プラットフォームを利用する場合は、風営法の届出が提出済みのCandFansが安全です。

安全にファンクラブを開設するなら

1〜5位とわかりやすく分けましたが、、、

海外ユーザー狙い、多少の英語も苦じゃないよって人はOnlyFans一択。

アダルトを扱わない、コスプレとかグラビア、ASMR、その他のコンテンツ中心ならアシストJAPAN一択

国内ユーザー狙い、日本人を狙ってガシガシ儲けるならCandFans一択。

アダルト前提で考えると、凍結リスクと風営法届けの面でFantiaは圏外です。

まとめ

私たちがコンサル・運用代行した結果、この結論に落ち着きました。

今後、OnlyFansがサポート体制が充実するのか、アシストJAPANがイッ気に普及するのか、CandFansが成長するに連れてサービスが悪化するのか、このあたりに注目していきす。

ファンクラブの市場は今後も拡大していきます。
何も知らずに損するよりかは、自分のあったプラットフォームを選んではいかがでしょうか?

それでは、今日はここまで。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる